暮らす・働く

国道3号岡垣バイパス開通式典  5年をかけ実現

テープカットの様子

テープカットの様子

  • 23

  •  

 国道3号岡垣バイパス開通式典が2月3日、国道3号特車計量場(岡垣町野間地先)で行われた。

開通式典の様子

[広告]

 北部九州の二大都市圏の福岡市と北九州市を結ぶ国道3号の中で唯一の2車線区間となっていた同バイパス。4車線化されたのは岡垣町と宗像市を結ぶ岡垣バイパスの4キロ間。国土交通省北九州国道事務所によると、2002(平成14)年度に始まった工事は事業見直しによる中断を経て、2018(平成30)年度に再開。4車線化の総事業費は約87億円という。

 開通式には、麻生太郎自民党副総裁や服部誠太郎福岡県知事、地元首長など約140人が出席。式典では、開通記念映像や、地元の企業、町民、児童、生徒たちからのビデオメッセージを流した。

 国土交通省道路局次長の岸川仁和さんは「1974(昭和49)年に都市計画決定した当バイパスが、強靭(きょうじん)で信頼性の高い道路ネットワークの構築、野間ランプと山田ランプのフルランプ化によるアクセス向上、緊急医療活動の支援や地域産業活性化につながれば」と期待を寄せる。

 門司晋岡垣町長は「一時停止ししていた4車線化を新規採択という形で事業化し実現できたのは、多くの人からの支援があったから。これほど国と地方自治体との距離を近くに感じたことはない」と話す。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース