食べる

宗像・上八に農家レストラン 自家製米を使ったランチ提供

店主の占部真二さん、翠さん夫婦

店主の占部真二さん、翠さん夫婦

  • 22

  •  

 農家レストラン「contadino URABE(コンタディーノウラベ)」(宗像市上八、TEL 0940-62-1129)が10月17日、宗像・上八(こうじょう)にオープンした。

選べるパスタ(内容は仕入れにより変わる)

[広告]

 元々福岡市内のホテルで共にキッチンスタッフをしていたという占部真二さんと翠さん夫婦が経営する同店。実家を改装したという店内は、天井を高くとり開放感を演出する。店舗面積は13坪。席数は、テーブル席10席、カウンター席3席。店名の「コンタディーノ」は「農家」を意味するイタリア語から名付けた。

 メニューは、「3種から選べるパスタランチ」「国産合ひき肉のハンバーグデミグラスソース」(以上、1,800円)、「国産和牛ネックとスパイスを使ったカレーランチ」(1,200円)、「国産和牛のビーフシチューランチ」(2,500円)を用意。デザートやドリンクメニューも用意する。

 真二さんは「自家製米を使ったランチのほか、この土地ならではのおいしい魚介や野菜など旬の食材を使ったメニューを提供していきたい。『上八』の地名をたくさんの人に知ってもらうきっかけにもなれば」と話す。

 営業時間は11時~17時。貸し切り営業にも対応する。予約は電話でのみ受け付ける。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース